2008年11月30日日曜日

Kill Your Timid Notion by Chi*


















BFI Southbankに行ってきました。
ここはシネマなんですが、今週末は音と映像を使ってのパフォーマンスの
イベントが行われました。ショートフィルムで1つ5ポンドで観れます。
3つセットで続けてみる事も出来て、10ポンド。

私達が観たのは・・
Andrew Lampert












彼の作品はプロジェクターを使ってのパフォーマンス。
3つの映像を重ねて繰り返して再生して不思議な感じでしたが
トークあり笑いありでまぁ楽しめました。

次にBruce McClure












彼の作品は途中で気分が悪くなって最後まで見れませんでした。
何故かって約50分間めちゃくちゃ大きな音と、フラッシュ映像が
永遠と流れます。白い画面に黒いものが見えるんだけど、
それが時々鳥に見えたりします。

始まって10分くらいでものすごく気持ちが悪くなって
これは観てられない・・・って思ったけどとりあえず我慢してました。

どうやって説明してたらいいか分からないんだけど、
拷問を受けているかのような気分でした。
サブリミナルメッセージでも組み込まれてるんじゃないか?
と思うくらいで、途中今度はすごい眠くなり寝てしまいました。


次々と客が外に出て行きそれで目が覚めて私達も外へ。
トムに意見を聞いてみると私とまったく同じ症状で、
始まって10分で気分が悪くりその後は眠たくなったそうです。


次にShutter Interface












まさか・・と思ったがまたもやものすごい大音量で始まった。
そして私の目に飛び込んできたものは3つのカラー。
これが永遠にフラッシュします。
これまた途中であきらめて外へ・・・。

最後の2つは「てんかん」を引き起こすような感じで
むしろそれを研究しているかのような映像です。
私は耐えれなかったけど、いい体験だったと思ってます。

テムズ川沿いに外では
Cologne Christmas Marketが開催されてます。




















Cologneというかドイツといえばソーセージ!?
















おいしかったですー!ホットドックたべました。
他にもいろんな屋台が出てます。

I went to BFI Southbank on Saturday.
I watched some films as part of Kill Your Timid Notion
which included work by Andrew Lampert, Bruce McClure
and Paul Sharits.

Andrew Lampert's one was film, video and performance
which I enjoyed but I was unable to sit through Bruce McClure
and Paul Sharits', especially Bruce's one which included intense
banging sound with simple flashing black and white light;
after 10 min I felt sick and after another 10 min I felt sleepy,
actually I slept. It was such a strange experience.

It was sort of a epileptic state but I had a good experience though.
Anyway by the River Thames there was the Cologne Christmas Market,
which had lots of stalls available. I had good sausages there.

0 件のコメント: